取扱上のご注意|サービス&サポート|サーモキング

輸送中積荷の品温を保つことは、商品の劣化を防ぎ、ロスをなくすことにつながります。
正しい取り扱いで、冷凍ユニットの機能をフルに発揮させてください。

積み込み前には積荷と庫内の予冷を事前に行ってください

file

冷凍ユニットは、品物を積んだときの温度を保ちながら輸送するためのものです。冷凍車は、庫内に侵入する熱や扉の開閉による損失熱、積荷の呼吸熱を取り除く能力は持っていますが、積荷の品温を下げたり、凍結させる能力はありません。積荷と庫内は、あらかじめ輸送適温まで予冷することを必ず行ってください。

 

積荷は冷気がスムーズに循環するように配置してください

file

庫内を均一な温度に保つためには、冷凍機の冷気吹き出し口下部より上には積まないよう、充分に注意をしてください。冷気の吹き出し口や吸い込み口を積荷でふさぐことは禁物です。

 

荷物の積み込み、積み降ろしは迅速に行ってください

file

冷凍庫の扉を開くと、外気が庫内に流れ込み温度が上昇します。積荷の積み込み、積み下ろしは素早く行うとともに、積荷を長い時間外気に放置しないようご注意ください。また車から一時離れる場合は、扉等を必ず閉めるよう心がけてください。

 

 

霜取りは手動も併用

file

最新の冷凍機には、タイマーやエアスイッチ等の自動霜取り装置が組み込まれていますが、自動で作動する時にはかなり着霜し、冷却能力がダウンしている場合があります。そのため、庫内温度が下がらない時は、一度手動の霜取りスイッチを作動させてみてください。霜取りが完全に行われる兆候は、モニター表示やドレーンから水が出ることでも確認できます。時間は20~30分程度かかるのが普通です。また、霜取り中の温度表示が上昇しますが、積荷の温度ではありませんのでご注意ください。

 

庫内はいつも清潔にしてください

file

庫内は常に清潔にしておきましょう。食品の取り扱いはとても重要なことです。特に床面の清掃と排水口のつまり等の処理は丁寧に行ってください。塩分、脂肪分が付着したままにすると、非衛生的になるだけではなく、ボディーの腐食にもつながります。

 

 

呼吸熱を発生する荷物には特にご注意を

file

呼吸熱を発生する荷物 (青果物など) は、冷気の循環が悪いと中央部の温度が上昇し、品質を損なう原因になりますので特に注意してください。また、吹き出し口に近い荷物は、冷気で痛みが発生する恐れがありますので、あらかじめシートでカバーする処置等を行ってください。

 

緊急修理受付窓口

 

24時間コールセンター

 

Tel. 03-3273-7744

サーモキング指定サービス店

サーモキング サービス拠点

 

※夜間および休日、上記コールセンターにご連絡をいただき、緊急修理をさせて頂いた場合、緊急対応料を別途頂戴いたします。何卒お客様のご了承をお願い申し上げます。